閉じる

受験生を医学部合格に導くメディカルコネクトの講師陣

中嶋 覚担当:生物

中嶋 覚
プロフィール
私は、大学では発生を中心に分子生物学を専門にやってきました。現代の発生学の実験材料としてよく使われるアフリカツメガエルの飼育も担当していました。遺伝子工学など分子生物学は今最先端の分野ですね。現在の生物学は、生態学などを除いて分子生物学を柱に組み立てられているので、この分野を専門にしてきて仕事の上ではとてもやりやすかったと思います。長年大手の予備校で東大・京大や国立医学部クラスの授業と模試の作成を担当していたのに加え、私立医学部を中心にしたメディカルクラスの集団授業・個別授業の立ち上げの時から関わり、現在でも医学部合宿には参加しております。また他の医学部専門予備校にも出講しており、医学部受験指導の腕を磨き続けているつもりです。

『医学部を受験するときの注意点』

特に私立医学部では近年、試験時間に対し問題の量がかなり多いです。長い資料文や図・グラフ・表を解読する考察問題がどこでも出題されるので、時間配分をいかに有効に行うかが鍵となります。学習を始めてからしばらくは時間を気にせずしっかり思考し、解答することが大事ですが、2学期に入ったら時間配分の対策をはじめる必要があります。それには模試の活用と過去問の演習が有効です。模試は受けるだけで時間配分を行う実戦的な訓練になります。過去問は10月以降に試験時間を意識して解くようにしてください。

その他

私は小さいころからとにかく動物が好きで好きでたまりませんでした。そのまま大人になり、趣味も生物の観察と撮影に関係することばかりをやっています。バードウォッチングを含む、アニマルウォッチング、また大学生のころからスキューバダイビングを始め、水中写真もたくさん撮ってきました。以前のめり込んでいたルアーフィッシングも再開し、主に渓流や湖にトラウト狙いで通っています。
また、自分でも異常と思えるほどのイヌ好きで、イヌの香りなんか嗅ぐとたまんなくなっちゃうんですよ!ちょっとあぶないかなあ?
生徒さんから2ちゃんねるに「講師がイヌマニアでキモスだった!」と書き込まれた時は嬉しかったですねぇ!思わず「もっと書き込んで、もっといじめてくれーー!」と叫んでしまいましたよ!

メディカルコネクトを知る入学個別相談会

一橋学院医学部専門予備校メディカルコネクトへの入学には、事前に個別相談をされることをお勧めします。